×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エレベーター




トップイメージ

elevator/lift

19世紀初頭には、水圧を利用したエレベーターがヨーロッパに登場し、工場などで実際に使用された。 また1835年に蒸気機関を動力として利用したものが現れた。 ただし、水力や蒸気機関を用いたエレベーターは、非常に速度が遅く、安全性の問題があった。 これに解決の糸口を与えたのは、アメリカのエリシャ・オーチス (Elisha Graves Otis、1811-1861) である。 彼は、1853年のニューヨーク万国博覧会において、逆転止め歯形による落下防止装置(調速機、ガバナマシン)を 取り付けた蒸気エレベーターを発表した。オーチスは、来場客の面前で、吊り上げたエレベーターの綱を切ってみせ、 その安全性をアピールした。 また水力式や蒸気機関式は、冬季に水が凍結すると運行に支障が出たが、1889年に電動機式のエレベーターの開発以降、 電気の供給安定とともにエレベーターの動力源として電動式が主流となった。
<昇降路(シャフト)>
昇降路は別名シャフトと呼ばれ、エレベーターが上下するための何らかの構造物で覆われた縦に長い空間のことである。
<かご>
人が乗るための箱状の構造物を、エレベーターにおいてはかご(籠)と呼ぶ。英語ではCARと呼ぶ(車の呼称と同じ)。 これに人または荷物を乗せ上下させる。室内は乗客の安全を確保するため(日本では必ず)ドアによって閉ざされている。 なお、かごドアの端部には挟まれによる事故を防ぐため、「バンパー」と呼ばれる大きな棒状の安全スイッチが 取り付けられている。このスイッチが押されると閉まりかけたドアが開く仕組みになっている。 自動式エレベータの場合、室内には目的フロアを指定する階床ボタン(行き先階ボタン)とドアを開閉する開閉ボタンがある。 天井には換気扇が取り付けられて、通気性が確保されている。エアコンや照明器具、シャンデリアが付いているものもある。 高速エレベーターには風を切るためのカバーが付いているものもある。 エレベーターは密室なので、避難用のハッチや、隣の搬器から逃げられるような仕組みをもったものがある。 かごの奥側の側面には鏡が設置されていることがある。 これはエレベーター利用者が車いすを使用している場合、前を向いたまま室内に入ることになるため、 狭い室内では車いすに乗りながら転回することができないことを考え、 後ろ向きのままエレベータから降りられるように考慮して設置されているものである。 また、エレベーターには車いす利用者のために低い位置に階床ボタンや上下ボタンが設置されていることもあるが、 これらのボタンが押された場合には一般用のボタンに比べて扉の開放時間が長くなるように設定されている。
<ガイドレール>
ガイドレールとはエレベーターを導く軌道である。材質は鋼でできており、形状は鉄道のレールとよく似ている。 それを垂直方向につなげてエレベーターの軌道を構成していく。 ガイドレールは、かごの走行を円滑にし、各階に設置されたドアやカウンターウエイトなどの構造物との クリアランス(すき間)を確保すると同時に、万一かごが落下した際に非常止め装置をガイドレールに噛ませて 緊急停止させる目的もある。
<釣り合い錘(おもり、カウンターウェイト)>
つるべ式エレベーターで用いられる錘である。全体の形状は扁平で縦に長く、非常に重い鉄の塊である。 つるべ式はトラクション式とも呼ばれ、ワイヤーロープの両端にかごと錘をぶら下げてバランスを取り、 ワイヤーロープ折り返し中間地点に設置された電動機(モーター)と、それに連結された滑車(シーブ)に掛かる 摩擦力によってかごとウェイトを上昇下降させる方式である。 この方式ではロープ両端の重量バランスが良いので、比較的小さい力でロープに吊るされた物体を上昇下降させることができる。 かごとカウンターウェイトのバランスが均等にとれている状態では、人の手でエレベーターを動かすこともできるほどに モーターに掛かる負担は小さくなる。カウンターウェイトの総重量は無積載状態のかごの質量にかご積載容量の50%を 付加した重量になるように設計されている。(wikipedia)



カスピ海ヨーグルト 作り方 英語 スカイプ skype 英語比較 レディースゴルフウェア 外壁リフォーム