エレベーター




トップイメージ

elevator/lift

19世紀初頭には、水圧を利用したエレベーターがヨーロッパに登場し、工場などで実際に使用された。 また1835年に蒸気機関を動力として利用したものが現れた。 ただし、水力や蒸気機関を用いたエレベーターは、非常に速度が遅く、安全性の問題があった。 これに解決の糸口を与えたのは、アメリカのエリシャ・オーチス (Elisha Graves Otis、1811-1861) である。 彼は、1853年のニューヨーク万国博覧会において、逆転止め歯形による落下防止装置(調速機、ガバナマシン)を 取り付けた蒸気エレベーターを発表した。オーチスは、来場客の面前で、吊り上げたエレベーターの綱を切ってみせ、 その安全性をアピールした。 また水力式や蒸気機関式は、冬季に水が凍結すると運行に支障が出たが、1889年に電動機式のエレベーターの開発以降、 電気の供給安定とともにエレベーターの動力源として電動式が主流となった。
<昇降路(シャフト)>
昇降路は別名シャフトと呼ばれ、エレベーターが上下するための何らかの構造物で覆われた縦に長い空間のことである。
<かご>
人が乗るための箱状の構造物を、エレベーターにおいてはかご(籠)と呼ぶ。英語ではCARと呼ぶ(車の呼称と同じ)。 これに人または荷物を乗せ上下させる。室内は乗客の安全を確保するため(日本では必ず)ドアによって閉ざされている。 なお、かごドアの端部には挟まれによる事故を防ぐため、「バンパー」と呼ばれる大きな棒状の安全スイッチが 取り付けられている。このスイッチが押されると閉まりかけたドアが開く仕組みになっている。 自動式エレベータの場合、室内には目的フロアを指定する階床ボタン(行き先階ボタン)とドアを開閉する開閉ボタンがある。 天井には換気扇が取り付けられて、通気性が確保されている。エアコンや照明器具、シャンデリアが付いているものもある。 高速エレベーターには風を切るためのカバーが付いているものもある。 エレベーターは密室なので、避難用のハッチや、隣の搬器から逃げられるような仕組みをもったものがある。 かごの奥側の側面には鏡が設置されていることがある。 これはエレベーター利用者が車いすを使用している場合、前を向いたまま室内に入ることになるため、 狭い室内では車いすに乗りながら転回することができないことを考え、 後ろ向きのままエレベータから降りられるように考慮して設置されているものである。 また、エレベーターには車いす利用者のために低い位置に階床ボタンや上下ボタンが設置されていることもあるが、 これらのボタンが押された場合には一般用のボタンに比べて扉の開放時間が長くなるように設定されている。
<ガイドレール>
ガイドレールとはエレベーターを導く軌道である。材質は鋼でできており、形状は鉄道のレールとよく似ている。 それを垂直方向につなげてエレベーターの軌道を構成していく。 ガイドレールは、かごの走行を円滑にし、各階に設置されたドアやカウンターウエイトなどの構造物との クリアランス(すき間)を確保すると同時に、万一かごが落下した際に非常止め装置をガイドレールに噛ませて 緊急停止させる目的もある。
<釣り合い錘(おもり、カウンターウェイト)>
つるべ式エレベーターで用いられる錘である。全体の形状は扁平で縦に長く、非常に重い鉄の塊である。 つるべ式はトラクション式とも呼ばれ、ワイヤーロープの両端にかごと錘をぶら下げてバランスを取り、 ワイヤーロープ折り返し中間地点に設置された電動機(モーター)と、それに連結された滑車(シーブ)に掛かる 摩擦力によってかごとウェイトを上昇下降させる方式である。 この方式ではロープ両端の重量バランスが良いので、比較的小さい力でロープに吊るされた物体を上昇下降させることができる。 かごとカウンターウェイトのバランスが均等にとれている状態では、人の手でエレベーターを動かすこともできるほどに モーターに掛かる負担は小さくなる。カウンターウェイトの総重量は無積載状態のかごの質量にかご積載容量の50%を 付加した重量になるように設計されている。(wikipedia) lift is a method of artificial lift that uses an external source of high-pressure gas for supplementing formation gas to lift the well fluids. The principle of gas lift is that gas injected into the tubing reduces the density of the fluids in the tubing, and the bubbles have a “scrubbing” action on the liquids. Both factors act to lower the flowing bottomhole pressure (BHP) at the bottom of the tubing. There are two basic types of gas lift in use today?continuous and intermittent flow. This page briefly describes each method and its advantages and disadvantages. vast majority of gas lift wells are produced by continuous flow, which is very similar to natural flow. Fig. 1 shows a schematic of a gas-lift system. In continuous-flow gas lift, the formation gas is supplemented with additional high-pressure gas from an outside source. Gas is injected continuously into the production conduit at a maximum depth that depends upon the injection-gas pressure and well depth. The injection gas mixes with the produced well fluid and decreases the density and, subsequently, the flowing pressure gradient of the mixture from the point of gas injection to the surface. The decreased flowing pressure gradient reduces the flowing bottomhole pressure below the static bottomhole pressure thereby creating a pressure differential that allows the fluid to flow into the wellbore. Fig. 2 illustrates this principal. Continuous-flow gas lift is recommended for high-volume and high-static BHP wells in which major pumping problems could occur with other artificial lift methods. It is an excellent application for offshore formations that have a strong waterdrive, or in waterflood reservoirs with good PIs and high gas/oil ratios (GORs). When high-pressure gas is available without compression or when gas cost is low, gas lift is especially attractive. Continuous-flow gas lift supplements the produced gas with additional gas injection to lower the intake pressure to the tubing, resulting in lower formation pressure as well. A reliable, adequate supply of good quality high-pressure lift gas is mandatory. This supply is necessary throughout the producing life of the well if gas lift is to be maintained effectively. In many fields, the produced gas declines as water cut increases, requiring some outside source of gas. The gas-lift pressure typically is fixed during the initial phase of the facility design. Ideally, the system should be designed to lift from just above the producing zone. Wells may produce erratically or not at all when the lift supply stops or pressure fluctuates radically. Poor gas quality will impair or even stop production if it contains corrosives or excessive liquids that can cut valves or fill low spots in delivery lines. The basic requirement for gas must be met, or gas lift is not a viable lift method. Continuous-flow gas lift imposes a relatively high backpressure on the reservoir compared with pumping methods; therefore, production rates are reduced. Also, power efficiency is not good compared with some artificial lift methods, and the poor efficiency significantly increases both initial capital cost for compression and operating energy costs.



オンライン英会話 月額 1万円以下
40代独身女性の『老後資金の不安』を解消する
住宅ローン 借り換え 代行
犬の無駄吠えをやめさせる方法
ミシン 買い替え 下取り
独身女性がマンション購入で後悔しないために
疲れが取れない ぼーっとする
都道府県別 銀行 おまとめローン
ゴルフウェア レディース 40代 コーディネート
タラバ 通販 口コミ